予約ゲットコム| 新型 iPhone13 予約入荷在庫状況掲示板 【ソフトバンク ドコモ au】

get

iPhone 公式オンライン予約サイト

▶︎ソフトバンクオンラインショップ

▶︎au Online Shop

▶︎ドコモオンラインショップ

▶︎楽天モバイル公式サイト

2022年新型iPhone14発売日・予約はいつ?スペック・価格・リーク予想・在庫情報まとめ


iPhone13が大人気となっている中、早くも2022年に発売されるiPhone14のリーク情報が聞こえてくるようになりました。

噂によるとiPhone14はデザインが変更され、iPhone4を彷彿とさせるデザインになるようです。

この記事ではiPhone14の噂やリーク情報をもとに、どんなモデルになるのかを検証していきます。

iPhone14のモデル展開

(image : Rendersbyian.com )

MacRumorsは、TFI証券アナリストMing-Chi Kuo氏の話として「iPhone14ではminiモデルが廃止され、ローエンド(iPhone14)とハイエンド(iPhone14 Pro)でそれぞれ6.1インチと6.7インチモデルが発売される」と報じています。

事実であれば、iPhone14のモデル展開は次のようになるでしょう。

・iPhone14(6.1インチ)
・iPhone14 Max(6.7インチ)
・iPhone14 Pro(6.1インチ)
・iPhone14 Pro Max(6.7インチ)

iPhone14はデザインが変更される

iPhone12で久しぶりに大きくデザインが変更されたばかりですが、早くもiPhone14でデザインの刷新があるようです。

これは、リーカーJon Prosser氏が公開したiPhone14 Pro Maxのレンダリング画像。

リアカメラ部分がフラットな形状に、またノッチが廃止されパンチホールディスプレイとなっています。
(image : Rendersbyian.com )

iPhone14は、2枚のガラスでフレームを挟む構造になるとされています。

また、iPhone14 Proシリーズはマグネシウムフレームを採用するとされ、軽量化が期待できるかもしれません。
(image : Rendersbyian.com )

Jon Prosser氏によるとiPhone14は名作と呼ばれたiPhone4に似たデザインになるようです。

これに伴い、ボリュームボタンも丸型の形状へ変更される見込み。

また、カメラ部分をフラットにする関係からボディの厚みは増すとのこと。おそらくバッテリー容量も増加するのではないでしょうか?
(image : Rendersbyian.com )

iPhone14のスペック予想

記事執筆段階でiPhone14のスペックに関するリーク情報は多くありません。

ここでは、確度の高い情報をお伝えします。

ディスプレイ

(image : Rendersbyian.com )

iPhone13シリーズではiPhone13 Proシリーズのみ120HzのProMotionディスプレイが採用されました。

【参考】120Hzと60Hzの違い

MacRumorsによると、iPhone14ではノーマルのiPhone14と14 Maxでも120Hzディスプレイが採用される可能性があるとのこと。

ただし、ノーマル14と14 Proの差別化を図るため、ProMotionディスプレイは引き続き14Pro/Pro Maxのみ搭載という可能性もあるようです。

iPadシリーズでもProMotionディスプレイはiPad Proだけに搭載されていることから、この噂は信憑性が高いかもしれません。

一方、モデル展開の項目で触れた通り、ディスプレイサイズは6.1インチと6.7インチの2種類になる予定。

(image : Rendersbyian.com )

また、iPhone14 Proシリーズはノッチを廃止し、パンチホール式ディスプレイを採用する可能性が高そうです。

プロセッサ

iPhone14では最新のA16 Bionicプロセッサが採用される見込みです。

製造元のTSMCは、2022年後半にN4Pと呼ばれる製造プロセスへ移行するとされており、A16 Bionicも同プロセスで製造される可能性が高そうです。

N4PはTSMC3番目の5nmプロセスですが、当初に比べて11%のパフォーマンスアップ、22%の省電力化が図られる見込み。

一部でA16 BionicがTSMC初の3nmプロセスで製造されるとの噂がありましたが、実際には2023年のA17 Bionicからになるかもしれません。

ストレージ

iPhone13 Proシリーズでは初の1TBストレージが追加されました。

これは新しい動画フォーマットApple ProResによって、動画のファイルサイズが大きくなったためと考えられます。

MacRumorsによると、iPhone14 Proでは2TBストレージが追加される可能性もある模様。

一方、リーカーJon Prosser氏は「ストレージ容量が増加傾向にある」としながら、「2TBストレージは2023年以降になるはず」と語っています。

カメラ

(image : Rendersbyian.com )

Apple製品の情報に詳しいMing-Chi Kuo氏によると、iPhone14のカメラは広角レンズが4,800万画素と大きくスペックアップするようです。

また、Proシリーズの望遠レンズには、光学10倍のペリスコープレンズが搭載される可能性もあるとのこと。

仮に、ペリスコープレンズが見送られた場合でも、レンズ枚数が増えるなどの改良が加えられるようです。

いずれにしてもiPhone14は、カメラが大きくスペックアップするでしょう。

一方、2021年のiPhone13では新しくマクロ撮影が可能となり、シネマティックモードが追加されました。

iPhone14でも新しい撮影モードが追加されるかもしれません。

可能性として考えれれるのは、昨年も噂された「天体撮影モード」でしょうか?

バッテリー

デザインの項目でも触れた通り、iPhone14は厚みが増すことからバッテリー容量もアップすると見られています。

現行モデルiPhone13はバッテリー持ちに定評がありますが、iPhone14ではさらに改善する可能性が高いでしょう。

指紋認証

(image : MacRumors )

Ming-Chi Kuo氏によると、AppleはiPhone14へ搭載すべくディスプレイ内蔵式指紋認証の開発を進めているようです。

また、ディスプレイ専門家のRoss Young氏も「iPhone14の全モデルが指紋認証を搭載する」と予想。

ただし、ディスプレイ内蔵式Touch IDとなるのは14 Proのみ。iPhone14/14 MaxはTouch IDとされています。

ひょっとすると、iPad mini 6のような電源ボタン内蔵式となるのかもしれません。

なお、Ross Young氏といえば、iPhone12発売前に「Appleは120Hzディスプレイの搭載を見送った」とリークした人物。

Young氏のリークはディスプレイサプライヤーからの情報であるため、正確性に定評があります。

チタンフレーム

(image : Rendersbyian.com )

アメリカのJPモルガンは、投資家向けレポートの中で「iPhone14のProモデルはチタン合金性フレームを採用するだろう」と予想しています。

Appleは最近になってチタンの表面処理に関する特許を取得しており、チタンフレームを採用する可能性は高いでしょう。

チタンといえば、ステンレスよりはるかに軽い素材です。また、強度があることからフレーム自体を薄く設計することも可能。

これにより、iPhone14 Proは大幅に軽量化される可能性があります。

USB-C

ロイターは、ヨーロッパ委員会(European Commission)が電子デバイスの端子をUSB-Cに統一する法案を可決したと報じています。

法案が可決されたことにより統一が義務化されるのであれば、iPhoneの端子もUSB-Cへ変更される可能性が高まるでしょう。

これに対して著名リーカーJon Prosser氏は「法案化され、Appleが対応を必要とされるまで数年はかかるだろう」「Appleはその間にiPhoneのポートレス化を進めるはずだ」と語っています。

これらの話からすると、iPhone14では引き続きLightning端子が搭載される可能性が高いと思われます。

iPhone14のスペック予想

現時点で予想されるiPhone14のスペックは次の通りです。

新しい情報が入り次第内容を追加します。

iPhone14/14 Maxのスペック予想

iPhone14 Pro/14 Pro Maxのスペック予想

iPhone14の価格予想

MacRumorsは、Ming-Chi Kuo氏の話として、「6.7インチのiPhone14 Maxが900ドル(約10万円)の価格になるようだ」と報じています。

現行のiPhone13(6.1インチ)のSIMフリーモデルが98,800円(128GB)であることを考えると、iPhone14シリーズは全モデルが1万円程度安くなる可能性があります。

iPhone14の発売日予想


通常、Appleは9月第3週の火曜日の午前2時に発表イベントを開催し、新型iPhoneを発表します。

また、予約開始日は同じ週の金曜日で、発売日は翌週金曜日になるケースがほとんどです。

これらを2022年の日程でまとめるとiPhone14の発売日・予約開始日は次のようになると思われます。

・発表イベント 9月13日(火)午前2時
・予約開始 9月16日(金)21:00〜
・発売日 9月23日(金)

まとめ

2021年11月段階で得られている情報を元にiPhone14の予想をまとめました。

【iPhone14の噂・リーク情報まとめ】
・デザイン変更。リアカメラ 部分はフラットになる
・miniモデルは廃止。ディスプレイサイズは6.1/6.7インチ
・モデル展開はiPhone14/14 Max、iPhone14 Pro/Pro Max
・iPhone14/14 Maxも120Hzディスプレイを採用?
・A16 Bionicプロセッサは11%程度パフォーマンスアップ?
・広角カメラは48MPになる
・Proモデルは10倍ペリスコープ望遠搭載
・Face IDとTouch IDをダブルで搭載
・Proモデルはチタンフレーム採用
・全モデル価格は10,000円程度安くなる
・発売日は9月23日(金)の可能性大

しかし、iPhone14についてはまだ不明な点が多いのも事実です。

今後、新しい情報が得られ次第、情報を追加していきます。

(Source : MacRumors )

iPhone14 予約開始日・発売日の予想
2022年9月6日午前1時告知
9月13日発表※日本時間9月14日午前2時
9月16日(金) 予約開始 21時から
9月23日(金) 発売日
Return Top